ビジネスで大切なマインド。それは「顧客視点」

こんにちは。

澤口です。

 

今回は2回目なので、「ネット収入」を上げる為だけでなく、

すベてのビジネスに通用する「マインド」についてお話します。

 

さて、一般的にビジネスとは、売り手と買い手がいて成り立つものです。

売り手が提供した情報やサービスを買い手がその価値を認め、対価を

支払い取得するものですね。

 

もし、見合わないものなら買いませんし、買っても二度と買いませんよね。

 

一度は、売ることが出来ても、継続的に収益を上げるとなると、買ったものが

役に立った、次も買いたいとなって初めてビジネスと呼べる形になるわけです。

 

そして、そこには双方の「信頼関係の構築」が必要なんです。

ネットビジネスでも同じことが言えますね。売り手側が忘れがちなマインド。

 

それが、「顧客視点」というものです。

 

今、まさに私が貴方に有益でない情報を語ったとしても、

途中で興味がなくなり読むことをやめてしまうでしょう。

 

また、ついつい自分のことを書いてしまうことがありますよね。

 

例えば、痩せたいと思う

お客さまは、その痩せる方法を知りたいわけで、貴方がどんな人

なのか聞きたいわけではありません。

 

痩せたい方には、その方法などが知りたいわけで、

お客様が欲しい情報を的確にタイムリーに伝える事で、

満足されるわけです。

 

このブログサイトを読む方は、(間違えていたらごめんなさい)

ネットビジネスがしたい。ネットビジネスでもっと有益な情報を知りたい

方々と私なりの「顧客視点」書いております。

 

自分でけ稼げればいい、一旦売れたらあとは知らん!

もしくは、極端な話ですが、旅行に行きたい方に、就職情報を提供しても

意味ないですよね。 これが売り手視点というやつです。

 

売り手も買い手もお互いにWIN、WINな関係になってこそ継続的な

ビジネスが可能となるわけです。

 

これから私は、「ネット収入」を得たいという皆様に向けて、

必ず役立つ情報を少しずつ情報発信していきます。

それは自分で経験した、プラスになる有益な情報ですので、

楽しみにしてくださいね。

 

さて、今日はビジネスに必要なマインド「顧客視点」についてお話

させて頂きました。ご理解いただけましたか?

 

最後に・・・少し古い名言ですが、紹介します。

 

近江商人の名言「三方よし」

 

「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三つの「よし」。

売り手と買い手がともに満足し世間がよくなる。

まさに、社会貢献につながるわけです。

近江商人の心得、いつの時代も同じですね。

 

本日も熟読頂きありがとうございました。

今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フルバーションアップ!   【今世紀最強のSEO対策】 

   

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート

   

到達率99.55%でメールをお届けする


トップアフィリエイターが使うクリック解析ツール

売れ筋教材ランキング